白鳥内科医院

頭痛問診表

とても簡単 頭痛問診表
来院時、受付にご提出ください。
あなたの頭痛の診断が、
より迅速になります。


印刷はこちらから
頭痛問診表ダウンロード

鵠通信

その他のお悩み

医院の概要

〒430-0814
静岡県浜松市恩地町192
電話:053-427-0007
Fax:053-427-0005

診療科
内科
神経内科
小児科
リハビリテーション科

診療時間
○月・火・金
8:30〜11:00
15:30〜17:30
○土・日・祝
8:30〜11:00

休診日
○水・木休診
 (水・木は、祝日でも休診)
臨時の休診は お知らせ をご覧ください。おおむね1〜3か月先まで、表示してあります。

なるべく待ち時間を短くするためには、朝9時前に早めに来院なさるか、比較的すいている午後5時前の受診をお願いいたします。
受付さえ済ませれば、「初めて経験する頭痛」でなければ、いったんの外出も可能です。

当院の総合サイトは
脳検査・治療センター
白鳥内科医院

HOME >> 花粉症

花粉症

ご相談ください。いろいろなパターンで対応できます。

「花粉症の季節は、片頭痛の発作が増える」という方も多いようです。更に、副鼻腔炎を併発すると、片頭痛発作が起こるきっかけとなります。

鼻が詰まって熟睡できない、昼間も勉強に集中できないなど、日常生活に支障があるようでしたら、ご相談ください。市販のくすりは、かなり眠くなるものが多く、車の運転や仕事のある方には、使いにくいようです。

当院では、抗アレルギー剤といわれる弱い薬をベースに使い、症状が強い時は、セレスタミンなどステロイド剤を併用したり、目薬、鼻に噴霧する薬を使ったり、いろいろなパターンで対応できます。抗アレルギー剤は、クラリチン、エバステル、お子様ではタリオン、ペリアクチン、ザジテンなど、症状の強さにあわせて使い分けています。小青竜湯という漢方薬が合う方もいるようです。弱い抗アレルギー剤でも眠くなるという方は、試してみるのも一方でしょう。

鼻が詰まる時は、オノン、葛根湯芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)。副鼻腔炎を併発している時は、抗生物質も使用します。

花粉症のあなたに、6つの対策

ページトップへ戻る